株式会社 ジェイ-パック化工
TEL 0191-23-3331
FAX 0191-23-3301
株式会社 ジェイ-パック化工

地域紹介

観光地やイベントの名称をクリックすると説明に飛びます。


磐井川河川公園 磐井川花火大会

<大きい画像で確認する>

<大きい画像で確認する>
市街地の中心を流れる磐井川の河川敷の公園。磐井川の両岸が満開の桜並木におおわれ、川を渡した鯉のぼりが元気に泳ぎます。磐井川春まつりや花火大会、芋の子会など多くのイベント会場ともなり、お花見から白鳥の鑑賞まで、季節を通して人が絶えることがありません。
昭和22、3年の台風による犠牲者の鎮魂の意味のある花火大会。市街地で開かれるため、安全上玉の号数は限られておりますが、間近で打上の様子などもみられその迫力は、磐井川ならではといえます。
上に戻る
一関夏まつり 釣山公園

<大きい画像で確認する>

<大きい画像で確認する>
竹飾り・吹き流しが商店街を飾る七夕まつり、市民総参加のくるくる躍り大パレード、時の太鼓、大一関神輿祭など多彩な行事が3日間にわたり繰り広げられます。
磐井川畔の小高い山の上にあり、一関市街や栗駒山、室根山が眺められる。桜の名所で4月下旬が見頃となる。桜の期間中はライトアップを行います。
上に戻る
大原水かけまつり 室根高原

<大きい画像で確認する>

<大きい画像で確認する>
毎年極寒の2月11日に行われます。火防祈願、無病息災、家内安全を祈って寒中に厄男たちが裸で走り抜けるところに待ちかまえた人達が水を浴びせる祭で、300余年の歴史をもつ奇祭です。
360度の大パノラマと太平洋気仙沼湾が眺望でき、緑豊かな自然に恵まれた独立峰です。5月下旬頃からはツツジが咲き誇り山肌を真っ赤に染める。天文台もあるので、澄んだ夜空をじっくり観察できる。パラグライダー、ハンググライダースクールをはじめ、キャンプ場、森林公園、ふるさと自然公園センターなど遊びの施設も充実。
上に戻る
夫婦石 川崎花火大会

<大きい画像で確認する>

<大きい画像で確認する>
天王山公園の入口にある、夫婦和合・万物創造の神の御神体として祈願される2つの巨石。周囲約10m、高さ5m余りの男性を象徴する天然御影石と、その隣に仲よく寄り添うように並ぶ、女性を象徴する石。夫婦石とよばれる石は全国各地にさまざまあるが、これほど大きなものは珍しく、何ともほほえましい配置の妙はまれに見る景観だ。全国から多くの男女が参拝に訪れている。
川崎町薄衣の北上川河川敷で開かれ、2尺玉をはじめ、約9000発の花火が夏の夜空を彩ります。スターマインや水中花火、仕掛け花火が大きな音とともに次々と空に上がり鮮やかな大輪が広がります。送り盆に合わせて開かれる花火大会。
上に戻る
猊鼻渓 幽玄洞

<大きい画像で確認する>

<大きい画像で確認する>
砂鉄川が石灰岩を浸食してできた約2kmの渓谷。およそ100mの断崖が両側にそびえ、そそり立つ岩の間を澄んだ水がゆったりと流れる渓谷が旅情をかきたてます。春は藤の花、夏は新緑がつくる涼を求めて、秋は紅葉、冬は水墨画の世界を屋形船で「木流し鍋」を楽しみ、四季の風情が堪能できます。
3億5千万年前は、水深50mの海底だった鍾乳洞。岩盤にはウミユリ、三葉虫[さんようちゅう]などの化石が露出。洞内には鍾乳石、石筍[せきじゅん]などが連なり、地底湖もある。隣接の幽玄洞展示館では、海底化石の展示や地層を解説している。所要20分。
上に戻る
中尊寺 春の藤原まつり

<大きい画像で確認する>

<大きい画像で確認する>
中尊寺は、藤原清衝により造営され、関山丘陵一体に大伽藍が建立されました。金色堂を残して往時の堂塔は全て消滅しましたが、経蔵、金色堂覆堂、石製五輪塔・宝塔、野外能舞台の5件の重要文化財建造物のほか、全盛期の遺跡が良好な状態で保存されています。
5月1日から5日まで開催され、奥州藤原氏の栄華をしのびさまざまな行事が行われます。なかでも中心となるのは、3日に行われる「源義経公東下り行列」です。義経が兄頼朝から逃れてやっとの思いで平泉にたどり着いた時、藤原秀衡は温かく迎え入れ、民衆もまた歓喜して迎えたという情景を再現しています。
上に戻る
毛越寺 曲水の宴

<大きい画像で確認する>

<大きい画像で確認する>
毛越寺は、藤原基衡、秀衡親子により造営されました。藤原氏滅亡後、伽藍中心部が焼失、近世までに往時の堂塔が消滅しましたが、寺院は存続しました。境内には主要伽藍の遺構とともに、藤原氏が造営した浄土式庭園が復元整備されています。
庭園の遣水(やりみず)に盃を浮かべ、流れに合わせて和歌を詠む、平安時代の優雅な歌遊びです。参宴の歌人のうち男性は衣冠(いかん)、狩衣(かりぎぬ)、女性は袿(うちぎ)、十二単等という装束をまとい、水辺に座ります。開宴の言葉、歌題披露に続いて、催馬楽(さいばら)に合わせて若女(じゃくじょ)の舞が奉納されます。やがて盃を乗せた羽觴(うしょう)が遣水に流されると、歌人たちが歌題にしたがって和歌を詠み短冊にしたためて、流れてくる盃を傾けます。結びに講師(こうじ)が歌をよみあげ、終宴となります。
上に戻る
厳美渓 栗駒国定公園

<大きい画像で確認する>

<大きい画像で確認する>
栗駒山を源に流れる磐井川が巨岩を浸食し、甌穴・滝・深淵と表情を変え2キロメートルにわたり渓谷美を見せる。対岸からロープウェイに乗ってやってくる「空飛ぶだんご」も名物です。
須川火山帯に属し、岩手・宮城・秋田山形四県にまたがる休火山です。山頂からの眺めは雄大で、鳥海山、月山、蔵王連峰、そして太平洋が望めます。
上に戻る
株式会社 ジェイ-パック化工 〒021-0022 岩手県一関市五代町6-8 TEL 0191-23-3331
FAX 0191-23-3301
Copyright © 2011 株式会社 ジェイ-パック化工. All rights reserved.